土地売買にはトラブルがつきもの

土地の売買は簡単なものではありません。
多額のお金が動く場合が多いのでなおさらです。
法律も難しく、不動産業者が仲介に入るとトラブルも起こりやすいのです。
そんなトラブルを起こさないように、注意すべき点を紹介します。
hrths

 土地売買で起こりやすいトラブルはどんなものがあるの?

土地売買で起こりやすいトラブルの代表的なものを挙げていきます。
まずは、不動産業者に土地の売買を任せっきりにしたことで起きるトラブルです。
その結果、不本意な契約を締結させられることや、仲介手数料を規定より多く取られてしまう事です。
土地の売買には法律がたくさんあり、当人だけでの取引は難しく、それこそトラブルの原因となってしまうため
通常は不動産会社に仲介に入ってもらうケースがほとんどです。
しかし、不動産会社の性質にもいろいろあり、自分の所が儲かればそれでいいと考えている悪質なところもあります。
仲介を頼んだからといって安心せず、契約書に目を通して疑問点を全てなくすとともに
売買の実際の場にも立ち会いましょう。
任せっきりにすると、どのくらいで売れたという結果の提示のみで
納得いかないくらい安かったりしても、それで了承しなければならないのでとても危険です。
次に土地の持ち主が誰かということに関するトラブルです。
Aさんのものと主張していたある土地が、実は登記上Bさんの土地だったというパターンです。
その抵当権がついていたことを売買契約が終わった後に知らされることもあります。
誰の土地かをよく調べもせずに、記憶などを頼りに売買契約をしてしまうの前に
土地の本当の持ち主や、抵当権のことも正式な書類上で確認してから取引に移りましょう。
そして、土地の境界線の問題もあります。
登記上は自分の土地で間違いはない所に、近隣住民が勝手に入ってきて、塀などを建てていたことも多く存在します。
登記の土地と実際の土地の状況を照らし合わせて、そういった間違いがないかよく調べてみてください。
次に、一度決定した土地の売買を取りやめる場合には違約金が発生する可能性があります。
売主が契約後に、やはり土地は売るのはやめたと言って以降の話し合いに一切応じない場合もあるのです。
このようなトラブルは最悪裁判に繋がることもありますので、注意が必要です。
これ以外にも、買った土地の不具合が後からわかるケースやその土地の近隣との兼ね合いの件
または、無断使用者が存在する場合など、多岐に渡るトラブルがあります。
書面上だけで、契約をするのは絶対やめ実際にその土地に足を運びいろいろな面での条件を
確認していくことがとても大事です。

 トラブルを避けるためには

では、こうしたトラブルを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは、不動産業者に依頼する時にうちなら高く売りますよ。
とかどこよりも高値で売りますと言った甘い言葉で誘ってくる業者には頼まない事です。
査定より大幅に高値で売却しますよとい持ちかけてくる場合にも注意しなければなりません。
近年は、条件がとてもよくなければよほど高くは売れないのです。
よって、過去のその不動産会社の取引の実績を見た上で
依頼するか決めるべきです。
そうすれば、どんな仕事をしてくれる業者なのか。
半端な仕事をしていないか。などの性質も見えてくるでしょう。
一番のポイントは、急いで決めようとしないという事です。
急いで売買を進めようとすると、契約した後にトラブルが起き
後悔するけれどどうしようもないことも多いからです。
よく見極め、いろいろなケースを想定して考えて売買に踏み切ることがトラブルを避ける一番の方法です。
土地売買は不動産にご相談ください
■http://www.bellecora.com/

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫