区分に関してのお悩みはななみ都市開発で解決しましょう!

ななみ土地開発なら区分や区分所有権に関する相談も受け付けております。気軽にご相談下さい。 - 区分と区分所有権について知りたい!

新着情報

●2016/03/10
区分と区分所有権について知りたい!の情報を更新しました。
●2016/02/29
サイトマップを新規投稿しました。

区分と区分所有権について知りたい!

rgera
マンションやアパートを所有するときには区分についての知識をしっかり持っておく必要があります。区分所有権と併せて詳しく紹介していきます。

区分とは?

初めて聞いたという人も多いかもしれませんが、マンションやアパートを所有したり、入居するときには知っておくべき言葉です。大きな建物をいくつかの部屋に区分けして、そのうちの一つを独立として使用することができる部分のことを区分といい、独立した部屋を使用できる権利を区分所有権といいます。わかりやすく説明すると、マンションはとても大きいですが、中にはたくさんの人が独立した部屋にそれぞれ住居していますよね。だから、マンションの一部屋を購入した人には、その部屋についての所有権があるのです。
必要条件としては、他の部分から完全に遮断されていて直接外部に通じる出入口があるということです。難しい言い方でわかりにくいですが、ほとんどの場合、各部屋の玄関ということになります。マンションもアパートも一つの部屋はほかの部屋とはつながっていないので遮断された状態ですよね。これで必要条件が満たされるわけです。

区分所有権について

区分所有権は、マンションの各部屋の購入者に与えられますから、たくさんの区分所有権所有者と同じ建物で生活を共にすることになります。それぞれの人の生活は区分所有法という法律で守られています。これは、区分所有者同士がお互いの利益を害することを禁止するという内容のもので、共同の利益を害されたと感じた場合は、訴えることもできます。
マンションやアパートって、すごく近くで生活を共にしているということや、共同で使う共用部分の存在もあって、トラブルが生じることもたくさんありますよね。ご近所トラブルは、一戸建ての住宅街よりも多いといえます。隣の部屋の住人だけでなく、上下の階との付き合い方も重要になってきますよね。歩く音、しゃべり声、音楽、生活音など、音に関するトラブルが最も多いようですが、そのほかにもにおいやごみの出し方、モラル、マナーなどが気に障ってしまうというケースもあるでしょう。
それぞれの権利を侵害しないように住んでる人はみんな努力をしなくてはいけないということを覚えておきましょう。区分所有権を持っておらず、マンションの利用権だけを借りている人も、同じく、他の住人、所有者の利益を害することは一切許されていません。

専用部分と共有部分の違いは?

区分の中には、専用部分と呼ばれる場所と、共有部分と呼ばれる場所があります。わかりやすく言うと、マンションの一部屋一部屋がそれぞれの専用部分で、共用部分はマンション内に設けられている共用施設はもちろん、エレベーターやロビー廊下などです。直接利用する場所ではなく、屋根や外壁なども共用部分になります。共用部分はみんなで所有しているという考えたかでお互いに、他の人の利益を害さないように使用し、すべての区分所有者で管理をしていくことになります。そのために、マンションやアパートには管理費というものがありますよね。その管理費で、共用部分の管理や修繕を行うのです。

区分所有権と管理組合の義務

区分所有権を得るためには、必ず管理組合に入らなければなりません。建物の管理をほかの所有者と一緒に行うという義務になります。前述したように、共用部分の管理も管理組合の大事な義務の一つですがそれだけではありません。
建物が老朽化していったり、不具合が出たときには修繕が必要ですよね。専用部分については、個人の責任となりますが、外壁や屋根、水道管などすべての所有者がかかわる部分については管理組合が管理します。修繕するための修繕積立金の積み立てることや、発注業者はどこにするのかを決めたり、修繕のタイミングを考えたりする義務がすべての所有者にあるのです。
その他にも、普段の共用部分の清掃や点検の方法はどうするかなども決めていく必要がありますよね。大型マンションなど、建物の規模が大きい場合は、代表者を決めて、会議を行い決定事項を区分所有者に伝えるというスタイルをとっていることも多いでしょう。区分所有者の間のルールなども決めていきます。

土地の所有権は誰が持っているの?

マンションやアパートの一室を購入すると、区分所有権が得られるということはわかりましたよね。でも、その建物が建っている土地については所有権は誰のものなのかという疑問が生まれると思います。区分所有者は、その建物が建っている土地について、敷地利用権という権利を持っています。土地所有者は別にいるということですね。敷地利用権は、その建物を利用している区分所有者全員が持っている権利なので敷地内の共用部分を全員で管理していく必要があるということにも納得ですよね。

区分に関してわからないことはななみ都市開発へ相談しましょう!

マンションなどを購入したときに得られる区分所有権についてわからないことがある場合は、ななみ都市開発に相談すれば丁寧に答えてくれるはずですよ。